色で迷ったら…


機種が決まったら、どの色にするかが次の悩みどころです。

基本的には、好きな色を選べば良いと思いますが、お部屋の中でそれなりの存在感を発揮する電子ピアノだけに、後悔のない選択をしたいところです。

おおまかには、3種類の選び方があると思います。


部屋の雰囲気を暗くしない、明るい色


どの電子ピアノを選ぶにしても、お部屋の中で主役と言っていい存在感を持つと思います。
明るいカラーを選ぶと、お部屋全体が明るく、スタイリッシュな雰囲気になります。

ピアノらしい存在感を重視した暗い色


黒や、濃い茶系のカラーは、高級感があると同時に、強くピアノらしさを演出します。
「今からピアノを弾くんだ」というメリハリをつけるのに役立つでしょう。
中でも鏡面仕上げは、「部屋にピアノがある」という満足感を得られるカラーです。

家具や部屋の雰囲気に合わせる


家具に明るめの色が多いなら明るいカラー、暗めの色が多いなら暗いカラー、といった風に、お部屋をトータルでコーディネイトします。
この選び方では、白や赤のピアノも選択肢に上がってくるでしょう。

カラーバリエーションの多い機種を並べてみますので、ご覧ください。

KORG LP-350

YAMAHA CLP-440

ROLAND DP90


コメント投稿は締め切りました。