Q&A


ここでは電子ピアノを選ぶ際の、よくある質問をQ&A形式でご案内します。

幾らくらいの電子ピアノが良いの?

目的によって違ってきますが、おおまかにはこう考えられます。
・続くかわからない、続けられそうなら生ピアノへの買い替えを視野に入れているなら、10万円以下
・レッスンに使う、長く使える機種をお探しの場合は15万円以上、出来れば20万円クラス
・生ピアノになるべく近い、ということにこだわりたい場合は25万円以上
各価格帯でのお勧め電子ピアノは、こちらでご案内しています。
⇒価格帯別お勧め電子ピアノ

どのメーカーが良いの?

各メーカー、それぞれに特色があるため、一概には言えません。その上で違いを述べるなら、

ヤマハ

ピアノメーカーとしての安心感。スピーカーやキャビネットまで含めた、トータルでのバランスの良い製品が多い。

カワイ

ピアノメーカーとしての安心感。ピアノの音と鍵盤を優先している製品が多い。

ローランド

機能、性能ではトップクラス。常に他社に先駆けてピアノらしさを電子ピアノに取り入れている。日本工場で製作しているのはローランドだけ。

カシオ

低価格帯では、圧倒的な機能、性能を誇るプライスリーダー。予算を10万円以内に決めているなら、一番に検討すべきメーカー。

コルグ

ライブ、コンサート演奏にも耐えうる機種の多い、ユニークな立ち位置のメーカー。レッスン目的の場合は他のメーカーが良いかも。

余計な機能はいらないから、音とタッチが良いものがいいんだけど…

実は、「余計な機能」というのは、基本モデルに関してはほとんどありません。
音とタッチ、聴こえ方といった、演奏に必要なものが良くなっていくだけです。
ボタンがたくさんついていると、色々余計な機能がついているように見えてしまいがちですが、ボタンがついているのは、使いやすくなる、というだけの意味合いで、ボタンがあってもなくても、実は出来ることに違いはほとんどありません。
詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
⇒「余計な機能はいらない」という誤解

でも、続けられるかわからないし、はじめは安いもので良いのでは?

これは多くの方が感じる不安でしょうが、「続けられないなら安いもので」と思うのは、「続けられるなら良いものが欲しい」ということの裏返しではないでしょうか?
ある調査では、お子さんの音感が決まるのは6歳くらい、指の骨が出来上がるのは8歳くらいだそうです。
「はじめは安いもの」と考えているうちに、音感は決定されてしまいます。
「続けて欲しい」と思っている方には、15万円以上のものをお勧めしています。

電子ピアノは重いの?床に補強はいるの?

電子ピアノの重さは気にしなくて大丈夫です。

電子ピアノの主力の機種は、だいたい40〜80kgくらいで、特に重いものでも90kgです。
他のもので言い換えると、大人一人分くらいの重さですし、洋服のいっぱいに入ったタンスや、冷蔵庫よりもかなり軽いです。
アップライトピアノだと、200kg以上ありますが、電子ピアノの場合は気にする必要はないといえるでしょう。
詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
⇒電子ピアノの重量

電子ピアノと生ピアノってどう違うの?

こちらのページでご案内しています。
⇒電子ピアノと生ピアノの違い

電子ピアノで大丈夫?

生ピアノを使うにこしたことはありません。
しかし、電子ピアノの進歩はかなり早く、例えば10年くらい前のイメージで「電子ピアノはダメ」とお考えなのであれば、一度試奏をお勧めします。今の電子ピアノは強弱もしっかりつきますし、タッチも進歩しています。「電子ピアノで大丈夫か」という不安をお持ちなのであれば、15万円以上のものを選ぶと良いと思います。
また、生ピアノだと近隣の迷惑になってしまうなど、電子ピアノであれば練習時間を多く確保できるのであれば、電子ピアノを積極的にお勧めできます。

タッチが良い機種の選び方は?

タッチの感じ方は、人によって様々です。出来れば、試奏して、気に入るものを見つけたいところです。
一方で、電子ピアノは、様々な仕組みによってタッチの良さを実現していますので、その仕組みが入っているか、というのは選ぶ基準にすることが出来るでしょう。

・3センサー

3センサーの鍵盤は、グランドピアノ並みの連打性を実現しています。
また、スタッカート(跳ねる音)とレガート(伸ばす音)を弾き分けられるようになります。
レッスンを始めると、すぐにこの区別をつける必要が出てきますので、3センサーというのは非常に重要です。

・鍵盤の素材

樹脂製のものと、木製のものがあります。木製の鍵盤は、やはり指に馴染むものが多いです。

・鍵盤の仕上げ

象牙調仕上げの鍵盤は、特に汗をかいてきても滑りにくいようになっています。
また、鍵盤の表面と側面で色が違うことで、「どれくらい深く弾いているか」を目視できるというのも、見逃せないメリットです。

最大同時発音数って何?

同時に音を出せる、最大の数です。
128以上あればまず問題はないため、今出ている機種では、ほとんど気にする必要はありません。
詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。
⇒最大同時発音数

レゾナンスって何?

ピアノらしい響きを実現するための仕組みです。多く入っているほど、生ピアノを演奏するときと同じ感覚で演奏することが出来ます。
これに関しては、後日記事にします。

スピーカーって重要?

見落とされがちですが、スピーカーはとても重要です。
生ピアノと同じように音を聴こうと思うと、前面、上面にスピーカーが欲しいところです。
また、スピーカーの性能が低すぎると、「聴こえにくいから強く弾く」クセがついてしまいがちです。
スピーカーの性能が良いと、小さい音で弾いたときにもしっかりと聴こえますので、「普段、そんなに大きい音を出さないから必要ない」というわけではなかったりします。

————————————–
疑問は解消されましたでしょうか?
このページは、適宜追加していきます。
何かご質問があれば、コメントの方でどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>