キーボードと電子ピアノの違い


キーボードと電子ピアノの最も大きな違いは、鍵盤の数と重さです。

キーボードは61鍵盤、ないし76鍵盤のものが多く、電子ピアノは生ピアノと同じ88鍵盤です。

また、キーボードは軽いタッチの鍵盤ですが、電子ピアノは生ピアノに似せて重い鍵盤を採用しています。

ですので、ピアノを習う際、「キーボードでは全く練習にならない」、と言ってよいかと思います。
逆に、幼稚園くらいのお子様の場合、ピアノを習う前の段階(リトミックなど)、電子ピアノでも鍵盤が重すぎる場合、キーボードを選んでも良いかもしれません。

シンプルなキーボードであれば、NP-11(61鍵盤)、NP-31(76鍵盤)というモデルがお勧めです。

最近ではキーボードとそれほど価格の変わらない電子ピアノもあります。
価格差以上に演奏に違いが出ますので、一度電子ピアノも検討すると良いかもしれません。

CASIO:  PX-135 PX-150

YAMAHA:  P-95

KORG:  SP-170


コメント投稿は締め切りました。