YAMAHA ARIUSシリーズの「おいしい」機種


ヤマハのアリウスシリーズで「おいしい」機種を1機種選んでみます。

「おいしい」の基準は、以下の優先順位で選定しています。

1.鍵盤のタッチや音の表現力など、ピアノとしての基本性能が充実していること
2.価格と性能のバランスが取れていること
3.その他、重視すべき性能があれば考慮

つまり、「アリウスシリーズで一番お勧めの機種」を選出しています。

また、選出理由も説明していますので、「そこは重視しないなー」と、他の機種を選ぶ際の参考にもなるかと思います。
各製品の解説ページほど詳しくは書きませんので、ややこしいこと抜きにカジュアルに比較できるページにもなっています。

それでは、アリウスシリーズで一番「おいしい」機種を発表します!

YDP-162


アリウスシリーズで一番「おいしい」機種は!
ズバリ!YDP-162です。

理由は、他の機種より鍵盤が良いです。シンプルにして最大の理由です!
また、付属品を含めた総合的な価格としても優れています。

YDP-142より重い鍵盤、すべりにくい象牙調仕上げの鍵盤を採用しています。また、スピーカーの性能が向上し、付属の椅子はYDP-142が固定椅子なのに対し、高低自在椅子になります。逆に言えば、鍵盤と椅子を気にされないなら、音源や機能が同じで2万円安いYDP-142は魅力です。

YDP-S51は薄型モデルですが、実はYDP-162と2cmしか違いません。鍵盤の仕上げが象牙調でもなくなりますし、椅子も付属しません。譜面立ての位置なども含めて総合的に見れば、同じ価格のYDP-162がオススメです。

YDP-S31は、少し古い機種となってしまっているため、他の機種と大きく差があります。
特に現行機種で強弱表現のないモデルはYDP-S31だけと、重要な性能に不足があります。
予算の都合がある場合は、P-105YDP-142がオススメです。

ARIUSシリーズ 性能比較


<鍵盤>
YDP-162 > YDP-S51 > YDP-142YDP-S31

<音源>
YDP-162YDP-S51YDP-142 > YDP-S31

<スピーカー>
YDP-162YDP-S51 > YDP-142 > YDP-S31

<機能>
YDP-162YDP-S51YDP-142 > YDP-S31


  • Unique Post

コメント投稿は締め切りました。