電子ピアノの選び方


電子ピアノを選ぶとき、何を基準に選んだらよいのでしょうか。

どんな電子ピアノが欲しいか、という場合、一言で言うなら、「生ピアノになるべく近いもの」ということになるでしょう。
更に具体的に言うなら、「タッチ」と「音」が生ピアノに近いもの、です。
あるデータでは、「電子ピアノを選ぶときに重視すること」として、「タッチ」と「音」で50%以上になるそうです。

ご自身でピアノを演奏されるなら、いろいろ試奏をしてみて、お好きなタッチと音のものを選ぶと良いでしょう。

しかし、お子さんに買ってあげるだけで、ご自身で演奏をされない場合や、試奏が難しいところにお住まいの場合は、どうしたら良いでしょうか。

このサイトでは、「生ピアノと同じ演奏表現を練習できるもの」ということを最重要視してご案内しています。
ネットでご案内するという特性上、「タッチ」や「音」の好みをお伺いすることは出来ないため、「出来ること」「出来ないこと」の違いが出てくるような項目を優先します。

最重要項目

・鍵盤の作り、素材
・センサーの数
・レゾナンス
・スピーカーの場所、性能

この4つを押さえれば、「出来ないこと」がなくなると言えます。
正しい演奏法での演奏が身につき、先生のところや発表会での失敗の可能性もグッと低くなります。
各項目の詳しい説明は、また後ほどご案内します。

この基準で選んだ、価格帯別のオススメ機種のご案内はこちらをご覧ください。
価格帯別お勧め電子ピアノ